とっきーの音楽ライフ

狭く浅いながらも、音楽を愛するとっきーのブログ

シアーミュージックに体験レッスンに行ってきた

先日ネットサーフィン(←死語なの?)をしていたら、なぜだかロンメル将軍の事が気になりだして、こんな本を図書館で借りてきてしまいました。

 

歩兵は攻撃する

歩兵は攻撃する

  • 作者: エルヴィン・ロンメル,田村尚也,大木毅,浜野喬士
  • 出版社/メーカー: 作品社
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

いずれ当ブログに書評のコーナーも設けたいと考えているが(当初の目的はどこへ…)、いかんせん、まだ一行も読んでない!目標30ページ。

 

さて、体験レッスン巡りも最後となりました。今回伺ったのはシアーミュージックさんです。

f:id:tokky909:20190414014849p:image

音楽教室・スクールならシアーミュージック

 

 

シアーミュージックの特長

  1. 複数の楽器レッスンができ、柔軟に組み合わせが可能
  2. 個別カルテの導入
  3. (空いていれば)演奏ブースが使い放題
  4. WEBでの予約が可能/前日まで予約キャンセル可能
  5. シアーミュージックのどのスクールでも受講が可能

 

個人的に気になる点

講師の先生を自由に変更できるシステムがあるのですが、ここで活きてくるのが個別カルテですね。前回までのレッスン内容を記録し講師間で共有しているので、講師が変わってもレッスン内容が引き継げるです。加えて他のスクールで予約した場合でも個別カルテが適用されますので、利便性がかなり高いと思われます。ブース使い放題(空いてれば、ですが)もありがたいですよね。やる気のあるうちに復習できる!

体験レッスンを受けてみた感想

こちらでもやはり最初はアンケートに回答し、その情報をもとにレッスンを組み立てる形でした。かの有名な「アメイジンググレース」を初見で頑張って弾く!というレッスン。まあ、両手で完璧に、というのは難しいので先生と連弾で完成。次にコードを使っての伴奏。ビートルズ「Let it be」ベン・E・キング「Stand by me」コード自体は簡単なものですが、ロックならではのリズムを刻んで伴奏するやり方を教わりました。シアーミュージックさんでも、自分のやりたいことがレッスンに盛り込まれているため楽しくレッスンを行えました。ただ、ブース狭いね…これは夏場ちょっと心配ですね。まあ、致命的に暑いとかならスクール自体続けられないからそこはなんとかなってるんだろうけど。ただ、この狭いブースの中にもアップライトピアノがあるのは嬉しい誤算でした。やっぱり、アコースティックピアノか電子ピアノか、で言うなら、前者でやりたい気持ちはありますね。

まとめ

・良い点

  1. 個別カルテの存在
  2. アップライトピアノがある
  3. 複数のレッスンを受講できる

・悪い点

  1. ブースが狭い

 

ブースが狭い、この一点を除けば、特に悪い点は見当たらなかったです。細かい点を言えば、体験レッスンの先生以外のピアノ講師さんはクラシック専門の方しかいないこと、三宮校ではドラムレッスンが開講していないことなどでしょうか。カリキュラムの自由度がとても高そうなので、「今回は気晴らしにドラムでも叩いてみるかー」的なノリでレッスンできるかな、と思ってたので少し残念。あと、クラシックの先生だと僕のやりたいことに沿ってもらえるかは少し不安かも。まあ、そのための個別カルテかな、と言う気もしますし、これら2つは特に気にならないレベルです。やはり、いろいろな意味で自由度が高そうなのがシアーミュージックの魅力かと思います。

 

以上で、約3週間に渡り行いました「ミュージックスクール体験レッスンツアー(?)」は無事終了と相成りました。内容を吟味して、近々いずれかのスクールに正式に申し込もうと思います。次回以降はスクールを回ってみての全体的なまとめもしてみたいと考えています。

 

 

u